自己アピールに活用

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コールセンターの仕事は実務経験がどれだけあるかがものをいう仕事です。様々なタイプの人に対応することでスキルが伸び、責任者として指導にもつけるようになるでしょう。そうしたキャリアアップを進める上でも、転職は一つの手段といえるので、転職サイトを利用してみましょう。転職サイトの中にはコーディネーターによるサポートを受けられるところもあるので、自分ひとりでは転職活動がうまくいかない方にオススメです。

お仕事開始後も、担当のコーディネーターがサポートします。お仕事のお悩みはいつでもご相談ください。

引用元:コールセンター求人情報 – コールセンター求人ナビ

コーディネーターによる転職サポートは、自己アピールに活用できます。転職活動の際は、自己アピールを行なう機会が必ずあるものですが、せっかくの自分の能力をアピールすることの無いまま、不採用になってしまう方が意外なほど多いです。その点コーディネーターが間に入ると、第三者の目からアピールポイントを見つけて、求人を掲載した企業にそのことをアピールしてくれるので、自己評価が低い方でも自己アピールを成功させられます

転職サイトの数は年々増加しており、コールセンターなどの特定の業種に特化した転職サイトも開設されています。様々な種類の求人が掲載されているサイトも便利ですが、最初から転職した異業種が決まっている方なら、コーディネーターなどの人材のサポートが使える専門サイトのほうが、より良い条件で働ける求人を見つけられるでしょう。

サポートを活かす

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コールセンターで長年働いていれば、センター長など、多くの人材をまとめる役職に就けるチャンスも生まれますが、すでに人材が集まっており、役職が開くことが無い企業も珍しくありません。せっかくさらに上の役職を目指せる実量があるにもかかわらず、そのチャンスが生まれないのであれば、他の企業でセンター長などを目指してみてはいかがでしょうか。転職サイトによっては、コーディネーターによるサポートを受けられるので、そちらを活かして上のキャリアを目指しましょう。

コーディネーターのサポートが受けられる転職サイトでは、直接コーディネーターを会う機会が用意されていることが多いです。その際自身のキャリアについて説明したり、希望する雇用条件や現在までの職務経歴など、転職に必要な情報を伝えることで、条件に合致した求人情報を提供してくれます。中にはコーディネーターの紹介が無ければ見られない求人もあるので、積極的にサービスは利用しましょう。

コーディネーターによるサポートは、コーディネーターが一種の防波堤となり、条件を満たさない募集を食い止められるので、採用までの準備が楽になるなど、会社側にとってもメリットがあります。間にコーディネーターが入ることで、お互いがいいにくい条件や待遇についての話し合いもスムーズに進むようになるので、転職サイトを選ぶ際は、コーディネーターがいるサイトを探してみましょう。

コールセンターの求人

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コールセンターの仕事は、様々な電話応対を受けて、様々な問題を解決したり、集められた情報をまとめたりと、勤め先によって様々です。そのため大勢のスタッフを管理するセンター長などの責任者は、より多くの知識とスキルが求められ、収入もコールセンターの一スタッフとして働くよりも、はるかに高くなっています。センター長として今の職場で働くのが難しいときは、他の職場への転職を目指してみるのも良いかもしれません。

コールセンターへの転職を目指す際は、自分で求人を探すのはもちろんですが、コーディネーターの元で情報を集めることも重要です。ある程度の役職に就いている方や、何年も現場で働き続けてきたという方は、転職先では同レベルか、さらに高い役職に就くことを目指す方もいます。しかし、個人で求人を探すのも難しいので、こういう時は求人サイトなどで受けられる、コーディネーターのサポートを利用しましょう。

転職サイトはたくさんの企業が運営していますが、中にはコーディネーターと呼ばれる人材が在籍しており、転職活動をサポートしてくれる企業があります。コーディネーターは、要望に応じて、求人情報を紹介すると共に、転職に必要なスキルなどについて指導したり、賃上げ交渉など自分では難しい交渉も代行してくれるなど、他にも様々なサービスを提供してくれます。時にはサイトにも掲載されていない、貴重な求人の情報を見つけてくれるので、コーディネーターのサポートが使えるなら、徹底して使うようにしましょう。